神戸元町三宮のリンパ・オイルボディ専門サロン LOVEST ラヴェスト
 
 

 
 
 

◆リンパ深圧オイルボディとは

綾部式 リンパ深圧オイルボディ」と「リンパ美骨フェイシャル」ができるまで


 
◆リンパの流れを熟考した施術手順とその特徴
浮腫の治療研究をする理学療法×リハビリ医師×LOVESTオーナーセラピスト綾部のコラボレーションで作り上げた究極のリンパマッサージ。
生理学、解剖学、リンパの流れを医療的見解からとらえて
その手順を作成しました。
綾部式 リンパ深圧オイルボディは、通常のオイルリンパマッサージより老廃物の回収・排出効果に長けているためにマッサージ中からたくさんの発汗を感じ、直後よりも時間経過してからの方がお体が軽くなったり、スリムになるのが特徴です。

◆病気予防、未病ケア、アンチエイジングとしてのリンパマッサージ
未病や不定愁訴など、病院へ行く程でもないけれど体の重さや疲れや不調を感じる方にお勧めします。ヨーロッパでは癌をリンパマッサージで治すなど医療としてリンパマッサージが用いられており、医学生もリンパマッサージを学習しているという話も聞きます。
「体の下水道」と呼ばれるリンパシステムに沿ったマッサージで体内の大掃除をして、健康と美容を手にいれましょう。

 

 

人体の下水道・リンパシステムをもっと詳しく

 

 

◆リンパって何?

リンパとは「人体の下水道」と言われ体内の不要物を回収するシステムで、主に体液の循環・運搬と免疫を担当し、ウイルスが体内に侵入した時には感染防御を行ったりもします。
リンパ管は上図の深部リンパ管をはじめ、全身の細胞の隙間に植物の根のように隅々まで張りめぐらされています。

◆リンパが滞るとどうなるの?

ヒトの全リンパ流量は1日で2~4リットルと言われ、この流れを促進するのは筋肉が動く際の刺激が大部分です。しかし、、日本人の現在の運動量は約150年前の30%程度になってしまったと言われ、運動不足やエアコン環境など通常の生活を行っているだけでは、必然的にリンパの流れは悪くなってしまいます。
汚れた血液や不要なたんぱく質、乳酸や水毒などのいわゆる老廃物と呼ばれるものが蓄積して、体内が汚れた「ため池」のようになってしまうと、様々な不調が出てくるようになります。免疫力が落ちて病気になりやすくなったり、慢性的なだるさ、むくみや冷え、肌のくすみなど、病院に行くほどではないけれど常に不調・・・といった不調を感じるようになります。そうなったら要注意信号です。

 

◆汚れた体内を「綾部式 リンパ深圧オイルボディ」でリセット!

体内に蓄積して時間のたった老廃物は体内の組織にガンコにからみついてしまいます。
そしてセルライトを増長させたり、体のサイズの膨張など健康面だけではなく美容面にも大きく影響が。
「綾部式 リンパ深圧オイルボディ」は強揉みで老廃物を入念にほぐして強い圧でしっかりリンパシステムにそれらを流し込んで回収させていきます。
リンパをはじめ体液の流れが順調になると、上記のような不調が解消され、ボディラインもスッキリし、快適な毎日を過ごせるようになります。

 

リンパの流れが滞る原因とは
 ◆運動不足
血液は心臓という動力によって全身を力強く循環しますが、リンパは主に筋肉の収縮のサポートで流動します。つまり運動不足により筋肉を動かす頻度が少なくなるとリンパの流れが滞ってしまいます。同じ体勢で長時間お仕事をされる方は合間合間に体を動かしてリフレッシュするようにしましょう。
 ◆筋肉不足
車やエレベーターなど文明の利器によりヒトの生活はとても便利になった半面、自身の体を使う機会が減ってしまい筋肉量のすくない方がとても増えています。筋肉の収縮のサポートで流動するリンパは、必然的に滞りがちになります。
 ◆塩分の多量摂取
外食や市販のお弁当、スナック菓子など塩分を多量に含む味付けの濃いものを食べ過ぎるとむくみの原因に。塩分は人間にとって必要なものですが、過剰な摂取は体が「不要物」とみなして水分を欲しがり、体内の塩分を薄めようとします。濃い味付けのものを食べて喉が渇くのはそのためです。それにより体が水分を保持してしまいむくみの原因に。
◆白糖の多量摂取
甘いお菓子やジュースなどを良く飲む方もむくみやすくなります。
白糖は体を冷やす作用が強いので、黒糖やメープルシロップ、はちみつなどミネラルや栄養分を含んだ甘味料がお勧めです。
 
   
 
リンパ専門サロン LOVEST ◆ ラヴェスト
リンパ専門サロン LOVEST ◆ ラヴェスト